いとう眼科 緑内障

いとう眼科による緑内障に関するページです。緑内障の病理、レーザー手術の方式や治療法、いとう眼科での治療実績などを図解を交えて掲載しております。 当院には、豊富な治療実績がありますので、緑内障の症状でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

いとう眼科 緑内障について

いとう眼科 緑内障とは

日本国内における失明の原因第一位が緑内障です。 緑内障は眼圧が高いことなどが原因で目の神経が損傷し、 部分的に見えなくなったり、視野が狭くなったりし、放置しておくと、最終的には光を失う危険性のある病気です。 緑内障の症状は初期の段階では自覚症状に現れづらく、発見が遅れてしまうことが多い危険な病気です。 40歳以上の30人に1人は緑内障と言われていますが、その中で治療を受けているのはせいぜい1割くらいと言われています。 中心部分に見えない部分が広がってくる等の自覚症状が出たときは病気がかなり進行している状態ですが、今の医療では失った視力を回復させる治療は残念ながら確立されていません。 当院の院長は北関東の基幹病院である群馬大学で、緑内障外来責任者として多数の緑内障の患者さんと向き合ってきました。安心してご相談ください。

緑内障

いとう眼科 緑内障の原因

緑内障において最も重要なことは早期発見と早期治療です。 一度障害されてしまった視神経を元に戻す方法はなく、病気の進行を食い止めることが目標となります。 したがって、できるだけ早期に緑内障を発見して少しでも早く治療を開始することが大切です。 症状にもよりますが、月に1回眼圧検査などを継続してください。 視野の検査は病期にもよりますが、緑内障性の変化がある場合は半年から1年に一回が目安です。 残念ながら緑内障が治るということは現在においてはまだ期待できないのですが、 適切な点眼、検査にて目の寿命が体の寿命より前に尽きてしまわないようにしっかりと緑内障に対してブレーキをかけていきましょう。


いとう眼科 視神経乳頭陥凹

健康診断で「視神経乳頭陥凹」の所見を指摘される方も沢山いらっしゃいます。 視神経乳頭陥凹は緑内障のサインです。 視神経が陥凹しているのは正常の人や近視の人でも見られますが、緑内障の重要な所見の一つです。 できるだけ早く眼科専門医に診ていただくことをお勧めします。 眼科では、さらに、精密に検査を行います。 その結果に異常がなければまだ緑内障に至っていないということになりますが、 なんといっても早期発見が重要な疾患ですので、眼科専門医と相談しながら、定期的に視野検査などの精密検査を心がけてください。

緑内障 治療
緑内障 治療
緑内障 治療
緑内障 治療

いとう眼科 緑内障 レーザー手術

緑内障の治療でもっとも重要なことは、眼圧を下げること、これ以上視神経が障害されないようにすること、そして視野障害が進行しないようにすることです。 そのため、緑内障の治療は、まず点眼薬を中心とした薬物治療が行われます。 点眼薬1種類で治療をはじめ、効果が十分でなければ、点眼薬の変更や、作用の違うお薬を追加し2~3種類組み合わせたりします。 それでも眼圧が十分に下がらない場合、視野障害が進行する場合は、レーザー治療や手術が行われます。 当院はレーザーの日帰り手術に対応させていただいています。手術自体は10分程度で終わり、ほとんどの方が麻酔を使わないで手術に臨みます。


TOP