いとう眼科 白内障

手術件数が2,000件を超えても、その1例1例を1/2,000という統計的な数字として扱わず、 常にその人にとって一度きりの手術である「一期一会」という感覚を忘れずに真摯に向き合ってまいります。 また、日々知識の習得には貪欲に時間や投資を惜しまず、継続してまいります。

いとう眼科 白内障について

いとう眼科 白内障とは

白内障は目の中のレンズにあたる水晶体が濁ってくる病気です。 このレンズの濁りにより、視界が暗くなったり、白っぽく霞んで見えたり、眩しく見える場合があります。 白内障は、放置さえしなければ基本的には失明する病気ではありません。 ただ、日本では手術技術の劇的な進歩により失明に至るケースは少なくなりましたが、世界ではいまだ白内障は失明の原因の1位です。 一度発症すると、薬では治らないため、見辛さを感じたら、早めの眼科受診をお勧めいたします。

白内障

いとう眼科 白内障の原因

多くの原因は加齢によるものです。 加齢性の白内障は、自覚症状が無い場合が多いですが、早い人では40代から発症し、 80歳を超える頃にはほとんどの人がなんらかの白内障の状態になっており、90歳を超えるとほぼ全員が白内障になっているとされます。 要するに目の白髪なのでほとんどが進行性であり、いずれは視力の低下を来してきます。 また、アトピーや糖尿病などの影響から起こるケースや、先天性の白内障もあり、子供でも白内障手術をする場合もあります。


いとう眼科 白内障 治療方法

一度なってしまった白内障は薬では治せません。 初期の段階では点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、見え方を改善させる効果はなく、治癒させることはできません。 進行してしまった白内障に対しては手術で濁ったレンズを取り除いてきれいなレンズに換える必要があります。

白内障 治療
白内障 治療

いとう眼科 日帰り白内障手術

当院では開院以来4500例(平成29年現在)の白内障手術の実績があり、そのすべてが院長である伊藤賢司が対応させていただいております。 白内障手術は国内では年間140万例も行われ、外科手術の中で最も多い手術の一つと言われます。 その要因の一つが日帰り手術の普及です。 技術の劇的な進歩により、白内障手術は、痛みや全身への負担が少なく、また短時間で行えるようになったこともあり、日帰り手術での対応が一般的となりました。 当院では毎週火曜日の午前中に約15例の手術を実施しております。

白内障手術
白内障手術

当院の日帰り白内障手術へのお約束

安全を第一として白内障手術に臨む事をお約束いたします。 眼の中に入れる眼内レンズ、手術の際に使用する超音波機器など最新鋭のものを使用し、できる限りの万全の準備をもって臨みます。 また、手術に対し、そして術後の視力回復に対し常に不安をお持ちの患者様の心に寄り添うべく、医師、スタッフ一丸となって白内障手術に臨むことをお約束いたします。

手術の流れ

一般外来

手術より約1か月前

まず一般外来にお越しただきます(予約不要)。検査・診察にて白内障の状態を診させていただきます。 その状態により今後の治療方法を相談させていただきますが、手術の必要性を感じたときは、ご本人様と相談させていただき、 ご本人様から手術の希望があった場合のみ、手術を予約いただきます。

所要時間:約2時間

手術検査

手術より約2週間前

採血や手術に必要な精密検査を行います。また、手術に関する注意事項等の説明も入念にさせていただきます。 手術を受けられる方は原則、お付き添いの方ご同伴の上でお願いしております。

所要時間:約2時間

手術前検査

手術の前の週の金曜日か木曜日

手術直前の最終確認の検査をさせていただきます。また、手術の前の週の土曜日から手術に向けての点眼も始まりますので、点眼薬の処方をいたします。

所要時間:約1時間30分

手術当日

毎週火曜日 午前中

当日はお付き添いの方とお越しください。受付時間は手術前検査の時お伝えいたします。リラックスして安心してお越しください。

所要時間:約2時間30分

  • 当日のタイムスケジュールの例
  • 8:00 受付・準備
  • 9:30 手術室への入室・手術
  • 9:45 手術室から退室・休憩

当日は眼帯をしてお帰りいただき、翌日来院時に眼帯を外します。

手術後通院

手術翌日からしばらく通院にて経過を観察させていただきます。患者様の状態によって通院日程を判断させていただきます。

所要時間:約1時間30分

痛みは?

日帰り白内障手術は、眼の局所麻酔によって行います。個人差はありますが、ほとんど痛みを感じない手術です。

時間は?

眼の状態によって個人差はありますが、通常ですと、手術時間は5分~10分です。当日は、来院指定からお帰りになるまで約2時間半です。

費用は?

保険の負担割合によって違いますが、1割負担の方の場合、片眼 15,000円です。 1ヶ月の負担額(医療費)が一定額以上になると、負担額の一部が返金される高額療養費制度もあります。 返金額は人によって異なりますので、詳しくはこちらをご覧ください。

厚生労働省
高額療養費用制度を利用される皆さまへ

両眼同時にできるの?

当院では、片目ずつの手術をさせていただいております。片目手術された方は、もう片目も望まれる場合、翌週以降の手術となります。

入院での手術はできるの?

当院は入院での手術に対応しておりません。重度の全身疾患や重度の認知症を患っている方以外は、日帰りの手術で対応できます。

手術を決断するタイミングは?

患者様が「不自由」と思われた時が手術のタイミングだと思います。 たとえば、視力が0.5だとしても不自由を感じていなければ急いで手術する必要もありませんし、逆に視力が0.8だとしても、不自由を感じていれば手術をするタイミングです。 また、今のままの視力では運転免許証の更新ができず困っている方も、手術のタイミングだと思います。 その方の年齢や生活・仕事環境によって、手術を決意するタイミングは違ってくると思いますので、医師・スタッフにお気軽にご相談ください。


いとう眼科 ムービー

いとう眼科の白内障治療に関する動画のご紹介です。(YouTube ページが開きます。)


TOP