眼科 白内障 緑内障 日帰り手術 コンタクトレンズ 群馬県 藤岡市

医院案内 いとう眼科 院長あいさつ 群馬県 藤岡市

いとう眼科の臨床理念、および院長伊藤賢司から皆様へのごあいさつです。 当院は、人間対人間の心ある医療を目指し、患者さんの大切な眼を預かる医療者として全身全霊で医療に向き合い、 生涯の主治医として認めてもらえるべく日々研鑽を続けることをお約束いたします。

いとう眼科 院長あいさつ

略歴

群馬県に生まれ、高崎高校、群馬大学医学部を卒業後、平成8年に群馬大学の眼科学教室に入局。
西毛地区の基幹病院である下仁田厚生病院・富岡総合病院・藤岡総合病院にてそれぞれ眼科医長を務め白内障手術を習熟、 研修医の2年間および5・6・7年目は緑内障を中心に群馬大学にて眼科学を学び、平成17年4月、藤岡市に「いとう眼科」を開設いたしました。


夢のような学生時代

私は大学時代、硬式テニス部に所属していました。 毎日テニスウェアで登校し、朝から晩まで(授業のあるはずの時間も(^_^)v)テニスコートで過ごし、本当に一年中肌は真っ黒けでした。

体育会系の部活だったのですが、成績をなかなか残せず、リーグ戦降格の責任を取り坊主頭になったりしたこともありました。 星空を見上げながらの腹筋、水道が凍った中の朝練、初日で声がつぶれて出なくなった合宿、 団体戦では99%勝てない試合も涙を流しながら「絶対あきらめない」と応援したことなどを思い出すと、今でも胸が熱くなります。

この大学時代は私にとっての宝物で目標に向かって一緒にがんばる仲間を得られたこと、 結果はともかくひたむきに目標に向かって努力することは結果以上に大切であるということを学んだ時期でした。 こういう一途な気持ちで医療に取り組み、こういう仲間と一緒に生涯仕事ができたらいいなと思っていました。


眼科修行中

医師になってからは眼科の同期が12人もいて、皆で一日も早く一人前の眼科医になれるようお互いに切磋琢磨しあい、 辛いながらも楽しく過ごせるという環境に恵まれました。

朝8時に手術室に入って予定手術が夜中過ぎまで、さらにその後急患の手術で手術室を出るのが丑三つ時、 その後に学会の準備で東の空が白み始めるまで研究室。そしてまた朝手術室へなんてこともままありましたが、 そんな状況すら楽しんで乗り越えられたのも、学生時代に培った精神力と体力、それから一緒に頑張っている仲間たちの存在が大きかったと思います。

医師になって6・7年目には大学病院での緑内障外来の責任者を任せていただき、 群馬県およびその周辺300万人からの難治緑内障と日々向きあって密度の濃い時間を過ごさせていただき、 患者さんからも多くのことを学ばせてもらう機会に恵まれました。
群馬大学は伝統的に網膜硝子体を専門としている教室であったために、自然と糖尿病網膜症に対するレーザー治療などの機会も豊富にあり、 失明の三大原因である糖尿病網膜症、緑内障、白内障を専門とするのに日本一恵まれた環境でした。


私が眼科医を選んだ理由は一番患者さんに治って喜んでもらえる仕事がしたいということでした。 眼科は白内障の手術により、それまで見えなかった目に光をとり戻すことができ、その時を共有できることは医師冥利につきるのではと思ったからです。 今でも白内障は私にとって最も大切な手術の一つですし、手術後見えるようになったと喜んでいただけることは何にも換えがたい喜びとなっております。

開業するということは患者さんの目の一生を背負っていくということでもあるため、 手術件数が2000件を超えてもその1例1例を1/2000という統計的な数字として扱わず、 常にその人にとっては一度きりの手術である「一期一会」という感覚を忘れずに真摯に向き合っていきたいと思っています。 また、自分に知識がないことは患者さんに対しての最大の裏切りであるということを肝に銘じ、 日々知識の習得には貪欲に時間や投資を惜しまずに続けていかなければと思っています。

医療においては「前言を撤回」とか「リセット」ということは罷り通りません。 言葉・表情・態度どれも一度出た行為は取り消すことはできず、その行為に全責任を負うことから、 すべての瞬間に最善の選択を出来るよう常に気を緩めてはいけないと思っています。 また、手術などでもあきらめてリセットなんてことは許されませんので、その状況から最善の一手を積み重ねていくことが重要と思っています。 次善ではなく最善を追求する気持ちが、現状に満足することなく日々向上していくことの糧となると思っています。


開院してからの道のり

施設は空間としてコーディネートしました。
優しさの香る空間が全体に広がっていくように。
 
優しさの素は目の前の人のために、
言葉ではなく、心からの想いが創り出すもの。
 
そして、その想いが作り上げるステージで
医療という衣を纏い、想いの舞を舞う
想いのステージを作り上げてくれたことには
ただただ感謝。
そしてそのステージに恥じない自分の心持ちでここにたっているか。
 
私たちは常に問い続けます。
 
昨日と同じ今日を望んでいないか。
 
今日と同じ明日を信じていないか。
 
日々刻々精一杯の自分であり続けたい。
 
そんな仲間とともにお迎えできるように精進して参ります。

このページのトップへ

いとう眼科 総合案内 カテゴリメニュー

  • 院長あいさつ
  • 診療情報
  • 診療スタッフ紹介