眼科 白内障 緑内障 日帰り手術 コンタクトレンズ 群馬県 藤岡市

目の病気について 白内障 緑内障 いとう眼科 群馬県 藤岡市

いとう眼科による目の病気に関するページです。白内障や緑内障といった症状の病理、手術の方式や治療法、いとう眼科での治療実績などを図解を交えて掲載しております。 当院には、豊富な治療実績がありますので、白内障や緑内障の症状でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

いとう眼科 目の病気 白内障

白内障ってなに?

白内障は目の中のレンズにあたる水晶体が濁ってくる病気です。物を見るときはこの水晶体を通して目の中に光が入ってきます。 本来は透明なレンズであるために光は遮られずに眼底に到達し、きれいな像を結びますが、 このレンズが濁ってしまうと光が散乱したり遮られたりするため、まぶしく感じたり、視力の低下を来します。 原因として最も多いのが加齢によるもので一般に老人性白内障と呼ばれています。 要するに目の白髪なのでほとんどが進行性であり、いずれは視力の低下を来してきます。

白内障ってなに?

白内障のごく初期は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、見え方を改善させる効果はなく、治癒させることはできません。 進行してしまった白内障に対しては手術で濁ったレンズを取り除いてきれいなレンズに換える必要があります。 写真のように進行した例だと目の前で手が動くのがかろうじてわかる程度の視力まで低下しています。

もともと眼は左右あるために、片眼だけに白内障が出てきているような場合、もう片方の眼が見えていると視力の低下に気づかないこともあります。 一昔前は手術というと、創(傷口)を大きく作って水晶体をそのまま娩出する手技しかなかったため、手術後の視力も安定するまでに時間がかかったり、 そもそも手術自体が大変時間のかかるものでしたから、手術を受けるのはこの写真のようによほど見えなくなってからといった時代もありました。 今は手術手技の進歩により小さな創(傷口)から少ない侵襲で手術を行うことが可能になりましたので、もっと早い段階のほうがより侵襲も少なく合併症の確率を減らして、 より安全に手術することができるようになりました。かすみが強ければ視力1.2でも十分手術の適応があります。

 

白内障手術

白内障手術は手術手技の進歩により、短時間で侵襲が少なくできるようになり、現在当院では全例日帰りでの白内障手術を行っています。 手術時間は目の状態にもよりますが、おおよそ10分前後です。
 
もともと水晶体はハンモックのようにチン氏体という糸で眼内にぶら下がっている状態で(ふくろ)に包まれています。 この嚢を温存して中の水晶体だけを除去し、その嚢の中に眼内レンズを挿入することが目的です。

角膜に約3mmの切開を加えるだけで、そこから超音波装置で水晶体を砕いて吸引します。 それから眼内レンズを挿入しますが、眼内レンズの直径は約6mmあるために3mmの創から挿入するには折りたたんで入れることになります。 これも手術材料の進歩で硬い眼内レンズから折りたためる柔らかいレンズが開発されたおかげで小さい手術創からの手術が可能になりました。 創が小さいと角膜が変形して起こる乱視が軽減できますし、眼内へのばい菌の侵入防止にもより有利になります。
 
また、麻酔もほとんどのケースは点眼だけの麻酔でできます。痛みに関しては、ほとんどないものと思っていただいて大丈夫です。

白内障手術っていくらくらいするの?

白内障手術は保険の適用になり、おおよその自己負担額は以下のとおりです(片目につき)。

  • 1割負担 … 15,000円
  • 3割負担 … 45,000円

 

高額療養費の対象になるケースもあります。
高額療養費とは自己負担額が一定の額以上になった場合、お金が戻ってくる制度です。
金額は年齢や所得によって違うので、詳細は、ご自身の保険を管轄する社会保険事務所か
市町村役場へお問い合わせください。

 

白内障手術の実績は?

開院してから6年間で、2221例の実績があります(平成23年8月現在)。 手術は毎週火曜日の午前中に行っており、毎週約10例の手術を行っております。

このページのトップへ

いとう眼科 目の病気 緑内障

緑内障ってなに?視覚障害の原因第2位の疾患

白い杖を持っている視覚障害の方の最も多いのが緑内障です。 緑内障は眼圧が高いことなどが原因で目の神経が損傷し、 その結果視野の狭窄をきたし、 最終的には光を失う疾患です。

なぜ、こんなにも光を失う人が多いのでしょうか? 緑内障の症状は自覚症状に現れづらいので発見が遅れてしまうことが多いからです。 また、見づらいなどの自覚症状が出たときには病気がかなり進行していることになりますが、元に戻す治療は残念ながら確立されていません。

40歳以上の20人に1人は緑内障があります。 その中で緑内障として治療を受けているのはせいぜい1割くらいと言われています。 9割の人が緑内障でありながら、自覚症状が無いため、気づかずに放置しているということになります。

失明にいたる人がたくさんいる一方、治癒させる治療がない以上、緑内障で大事なのは早期発見につきます。 早期に発見できれば眼圧を点眼などで下げることにより神経への損傷を軽減して病気に対してブレーキをかけることができます。

健康診断で「視神経乳頭陥凹」と指摘された方

緑内障のサインです。視神経が陥凹しているのは正常の人や近視の人でも見られますが、緑内障の重要な所見です。さらに、精密に視野検査を行います。 その結果視野に異常がなければまだ緑内障に至っていないということになりますが、定期的に1年に1度は視野検査などの精密検査を心がけてください。 なんといっても早期発見が重要な疾患ですから。

 
 

緑内障と診断されたら

視野に緑内障性の変化が出ている、もしくは眼底に神経の損傷のサインが著明に出ている、眼圧が高いような場合は緑内障として点眼加療が開始となります。 日常生活は大きな制限を必要としませんが、決められた点眼の回数をしっかりと守り、毎日同じような時間帯に使用することがもっとも重要になります。

その上で月に1回眼圧などの検査を継続してください。視野の検査は病期にもよりますが緑内障性の変化がある場合は半年に一回が目安です。

残念ながら緑内障が治るということは現在においてはまだ期待できないのですが、適切な点眼、 検査にて目の寿命が体の寿命より前に尽きてしまわないようにしっかりと緑内障に対してブレーキをかけていきましょう。


このページのトップへ

目の病気 カテゴリメニュー

  • 院長あいさつ
  • 診療情報
  • 診療スタッフ紹介