いとう眼科 コンタクトレンズ

いとう眼科でのコンタクトレンズに関するご紹介です。 このカテゴリでは、コンタクトレンズの商品説明、処方や使い方に関するご説明などを掲載しております。 コンタクトレンズは、信頼できる眼科医による指導のもと、正しく使用しましょう。

いとう眼科 コンタクトレンズ

いとう眼科 コンタクトレンズとは

コンタクトレンズは近年急速に普及し、日本国内における使用者は1800万人を超えるほどになりました。 一方では、その急激な普及に装用指導が追いつかず、コンタクトレンズ装用者の10人に1人が眼障害を生じてしまっている現状があるなど問題点も抱えています。

コンタクト装用者における眼障害が起きる原因は、十分な商品説明、装用指導を受けずにレンズを購入してしまったり、 自分に合わないレンズや粗悪品を購入してしまったりすることにあると言われています。

コンタクトレンズは、国から「高度管理医療機器」に指定されている医療機器です。 目に直接装着するため、使い方を間違えると、目に様々な障害を起こす危険性があります。 コンタクトレンズを処方する際は、目の度数だけではなく、目の形状や細胞の状態、角膜の状態など、 あらゆることを考慮し、その方にあった最適なレンズをご提案し、処方させていただきます。 コンタクトレンズをご使用の際は、眼科専門医の指導の元による検査、処方を受けてから購入されることをお勧めいたします。

自分に合わないレンズを使っていたり、使い方を間違って使っていたりすると、見えづらさを感じ、疲労や肩こり、頭痛の原因になったり、 アレルギーをお持ちの方などは花粉の時期などには、レンズを装着できない状態にまでなってしまうこともあります。 また、コンタクトレンズを装用したまま目をこすったり、寝てしまったりして目に傷がつき、そこからばい菌が入ってしまい、最悪の場合失明に至ってしまうケースもあります。

コンタクトレンズは、自分にあったレンズを使用し、使用方法をきちんと守りさえすれば、大変便利な医療機器です。 簡単に手に入るからと言って安易に考えず、快適にレンズを使用するためにも、その危険性を理解して、正しい使い方を身につけることが大変重要です。


コンタクトレンズ処方

当院では、中学生からコンタクトレンズの処方を受け付けております。 コンタクトレンズが装用できる状態かどうかを確認し、可能であれば、精密な検査を行い、患者様とのヒアリングのあと、処方レンズを決めます。 処方レンズが決まったら見え方を確認し、大丈夫であれば、院内でレンズの付け外しの練習をしていただきます。 付け外しが苦手で時間がかかる方もいらっしゃいますが、きちんとお一人でできるようになるまで、責任をもって指導させていただきます。 付け外しができるようになりましたら、レンズをはめたままご帰宅いただき数日過ごしていただきます。 数日後にレンズをつけた状態で再び来院いただき、問題がなければ、そのレンズを正式に処方させていただきます。

なお、当院でコンタクトレンズを処方させていただく場合、患者様がメガネをお持ちということが前提となります。 もしメガネをお持ちでない方がいらっしゃれば、その場でメガネ処方もさせていただきます。 コンタクトレンズの初回の処方にはお時間がかかりますので、時間に余裕をもってお越しください。

step.1

眼の状態を確認させていただきます

眼の精密検査をさせていただきます。
視力検査、形状検査、細胞検査等です。
その検査結果を元に、眼の状態がコンタクトレンズの装用に適しているかどうか
判断するために、診察を受けていただきます。
step.2

コンタクトレンズの仮決定をいたします

患者様の生活スタイルや要望をお聞きしながら、
患者様に最適のレンズを提案させていただいたうえで、レンズを決定いただきます。
次に、決定いただいたレンズを実際に装用して見え方を確認し、
レンズと眼球の適合性を見させていただくために、診察をお受けいただきます。
step.3

付け外しの練習をしていただきます

コンタクトレンズはご自身で付け外しが必要になります。
ご自宅で一人で付け外しがスムーズにできるよう、院内で練習していただきます。
付け外しができるようになりましたら、レンズを付けたままお帰りいただきます。
お試しのレンズを数日分お渡し致します。
step.4

最終確認と処方

数日間お試しのレンズを使用いただき、
レンズを付けた状態で再び来院していただきます。
再度見え方の確認、眼の状態を診察で確認させていただき、
問題がなければ正式に処方となります。

いとう眼科 お取り扱いレンズ

当院で処方可能なレンズです。

1Day

2Week

その他のレンズ

レンズの種類 名称
ソフト Seed SKY
ハード Seed S-1
レンズの種類 名称
乱視用 【1Day】
ワンデーアキュビューモイスト乱視用
デイリーズアクア コンフォートプラストーリック
バイオメディックス トーリック
マイディ トーリック
【2Week】
アキュビュ―オアシス乱視用
2ウィークファインαトーリック
メダリスト66トーリック
バイオフィニティトーリック

いとう眼科 よくあるご質問

コンタクトレンズってどれが一番いいの?
眼にとって一番いいレンズは「1日使い捨て」レンズです。当院ではコンタクトレンズ処方の半数の方が「1日使い捨て」タイプのレンズです。「1日使い捨て」のレンズは価格が高めですが眼の事だけを考えるならお勧めです。
コンタクトレンズはいろいろなメーカー・種類があるけど、どれも同じなの?
全く違います。例えば、同じ「2週間使い捨て」タイプのレンズだとしても、汚れが付きづらいレンズ、渇き目に強いレンズ、薄型で装用感がいいレンズ、酸素をよく通すレンズ、生体によく馴染むレンズなど特徴はそれぞれです。ご自身の目の状態にあったレンズを選択することが大切です。
コンタクトレンズはどうやって選べばいいの?
まずは診察を受けていただき、目の状態を確認させていただきます。その上で眼の状態とその方のライフスタイルを考慮したうえで選択します。 たとえば、パソコン作業をする時間が多い人、運転する時間が多い人、装用時間が長くなってしまう人、たまにしか使わない人など、コンタクトレンズの使い方は人それぞれです。 コンタクトレンズはそれぞれ性能が違うので、値段も違います。当院では、患者様と上記の点を話し合ったうえで、最適だと思われるコンタクトレンズを提案させていただいております。
どのタイプのコンタクトレンズが一般的なの?
日本国内では「1日使い捨て」タイプが 約40%、「2週間使い捨て」タイプが 約30%と言われていますが、年々「1日使い捨て」タイプの比率が高くなってきております。
コンタクトレンズのトラブルってどういうものがあるの?
一番多いのが、角膜(黒目)の表面を傷つけてしまうことです。 さらにその傷口からバイキンが入ると角膜潰瘍といった病気になってしまい、その病気は重度のものになると眼球を摘出しなければならなくなったりとたいへんなことになります。 また、コンタクトレンズを装用したまま眠ってしまったりすると、酸素の供給が少なくなったり、角膜を傷つけてしまったりします。 レンズのケア(洗浄・消毒)を怠ると汚れが蓄積し、アレルギーの原因となり、メヤニやかゆみ、充血を引き起こすこともあります。
コンタクトレンズは何歳くらいから使用できるの?
当院では中学生以上を対象に処方しております。 小学生以下は目も成長している時期ですので、無理にコンタクトレンズで矯正すること自体も好ましくありませんし、 コンタクトレンズは目に直接つける医療器具ですので、安全に使用するためにも、小学生以下には処方はいたしておりません。 また、眼鏡を使用したことがない方は最初に1ヶ月程度眼鏡を使用していただき、慣れたらコンタクトレンズを処方しています。 コンタクトレンズをしていて少しでも違和感があったら、すぐに使用を中止し眼科へ受診し、その間は眼鏡で生活することが重要です。
コンタクトレンズは目によくないの?
近年、コンタクトレンズの技術の進歩はすさまじく、今現在もより目に優しいレンズをと研究開発がすすめられていて、安全性は極めて高くなってきております。 目の状態に合わないレンズ、粗悪品のレンズを使わないで、しっかりと使用し、定期的に眼科を受診していれば、安全にお使いできます。 ただ、あくまで「医療用」としての使用をお勧めするので、ファッションとして度数の入らないコンタクトレンズの使用はお勧めできません。

TOP